So-net無料ブログ作成

シムス位で呼吸が安定 心地よい眠りといびき防止 [つぶやき]

怖いいびき

いびきは睡眠の質を下げ、生活習慣病・認知症リスクを高めるなど免疫力を低下させてしまいます。
重症ないびきになると、完全に気道をふさいでしまい呼吸が止まる睡眠時無呼吸症候群に。
これは病にも匹敵し、突然死を起こす恐ろしい病です。



1時間に 10秒間以上の無呼吸が 30回以上ある
30~60歳の人では 10年の間に 6人に1人が死亡するというデータもあります(治療をしていない場合)

重力により舌やのどの筋肉、脂肪により気道を塞いでいびきをかきます。



いびきを防止には、ズバリ「右向き」



防具ポンサードリンク








横向きに寝ると、舌根が落ち込んで気道が狭くなるのを防ぎ、胃の出口にあたる部分が右下にあるので右向きが良い状態になります。

食べ過ぎ、胃疲れ、胃下垂 にも右を下にして休む方が良いです



CDD8B6DE-3437-41C5-A41A-F980E2762619.jpeg


シムス位と抱き枕効果

せっかく いびき防止で右向きに寝ていても、寝ている間に姿勢が変わってしまいます。
しかし、抱き枕を抱えて寝ると 有意に横向きの姿勢が保たれることが臨床試験でも実証されています。

(邪魔になってベットの下に抱き枕[がく~(落胆した顔)]なんてこともありますが・・・)

横向きで抱き枕を抱え込ることは、循環器や呼吸など全てにおいて安定している状態です。
これを「シムス位」と言います。



枕選び
リラックス出来る横向き状態をサポートするためにも、枕を選ぶときは仰向けだけで選ぶより 横向きにも適した使い心地も大切です。
横向きになると、仰肩幅の分だけかさが高いので 首をしっかり安定させる高さが必要になります。



依然 枕をオーダーメイドした時も 横向きの寝姿も計測しました。
ブログで紹介したことがありますが「まくらぼさんのオーダー枕」 25000円です
(2年くらい前ですが 気持ち良く使っています。お値段は高めでしたが、実際肩こりもかなり軽減され 枕の悩みも殆ど無くなりました。 枕難民を卒業しました[わーい(嬉しい顔)]


007A7446-2620-494D-8716-A84EBEAE0302.png

まくらぼ http://www.makulab.jp/
オリジナルの自分だけのまくら(頭・肩幅・沈み込み・などなど)


スポンサードリンク





低反発より高反発

低反発は頭の重さで枕が変形し寝返りの時に違和感を感じやすい、又 睡眠6時間以上、頭を支え続けるには高反発の枕が適している

実際枕を作る時も 硬めが良いとアドバイスがありました





寝苦しい夜です
リラックスした状態で 質の良い眠りを・・・


nice!(92) 
共通テーマ:健康

nice! 92