So-net無料ブログ作成

梅雨には黄色の食材が体を助ける?! [健康]

5CF01570-572A-4EC0-A651-433E26C7D644.png

梅雨期に起こる季節病

梅雨には低気圧が停滞し
気圧の影響を受け 自律神経に影響を与えます

気圧が高い(晴れ) ⇨ 交感神経が優位に
気圧の低い(雨)⇨ 副交感神経が優位に

どちらが優位になっても体調は乱れやすくなります

スポンサードリンク






梅雨は気分的にも メリハリに乏しく
体が重い だるい 頭痛が 目眩 肩こり などの症状が起こります

体に少しでも負担を少なくするためには
胃腸を守ってあげることが大切です
胃腸は
食べた物を消化吸収し、栄養や水分を全身へ巡らせる働きがあります


CA49E47A-675C-4B8B-8808-1A1374AB2DB2.png


特に梅雨時には 黄色と呼ばれる食材が良いと言われます

お米、小麦、トウモロコシ、などの穀類
サツマイモ、ジャガイモ、などのイモ類
かぼちゃ、バナナ、りんご、人参

そして
大豆、そら豆、枝豆、などの豆類です




梅雨の軟便と疲れ

不快な湿度は、体に余分な水分が溜まりやすくなります
なんとなくスッキリしない疲れやだるさ、むくみなど不調が現れます

余分な水分を発散し体に溜めないようにすることが大切です

利尿作用のあるもの意識して食べましょう

しそ、もやし、キュウリ、
小豆、大豆、豆類、トウモロコシ

きのこ類、生姜、ニンニク、バナナ、海藻類


飲物では

緑茶、コーヒー、ココア です


そして 胃腸のためには冷たい飲物に注意します
スポンサードリンク






体が冷えると
血流も水分代謝も悪くなり、汗をかきにくくなり、
胃腸を弱らせる原因になります
そのため、体はだるくなり、胃腸の調子も悪くなるのです

胃腸に負担をかけないためには体を冷やさないこと
常温や、温かいものを適度に飲んで 冷たい飲食物は極力避けましょう


冷たい飲食物は水分代謝の源の胃腸を弱らせ、
食欲低下や倦怠感、下痢、軟便、むくみなどの原因になります


又、脂っこいもの、甘い物の摂りすぎにも気をつけましょう


ウォーキングや散歩、ストレッチなど 体に負担のない運動や
半身浴、岩盤浴などで汗をかき 余分な水分を出しましょう

その際は 水分補給も忘れないようにして下さい


ただでさえ 憂鬱な梅雨
少しでも 身体に負担なく スッキリとした毎日をおくりたいものですね




スポンサードリンク




nice!(85) 
共通テーマ:健康

nice! 85